Interview社員インタビュー

社員インタビュー

ショップクルー職社員インタビュー

販売員としてのプライドを持って、まだまだ挑戦し続けます。

K.Kさん

ショップクルー 2016年入社

偶然の繋がりが、新しい道へ踏み出すきっかけとなりました。

前職ではインテリア業界で販売員をしていました。転職した理由は、たまたまソフトバンクショップに修理に行った時に店員さんと仲良くなり誘っていただいたのがきっかけです。当時前職ではリーダーを務めていたのですが、次のステップが転勤有の条件で、そのままの道を進むか転職するかで悩んでいました。
そんな時にお話をいただき、PCやスマホに関して元々興味があったのと労働体制の良さに魅力を感じ、せっかく全国を視野に入れるなら好きなことをしたいと思い、テレニシへ入社しました。きっと誘ってくれた店員さんも、僕がガジェット好きなことや人と話す事が好きなことを見抜いていたのだと思います。

同じ販売職でも、自分が必要とされていると感じたのはテレニシでした。

クルーになり最初に感じた前職との違いは、同じ販売員としてのやりがいの差です。前職では商品を売っても実感を感じることがなかったのですが、ショップでは数字が身近に見えることで競争が生まれるので、ショップに貢献しているというのを肌で感じることが出来ます。
またクルーコンテストの実施もスタッフ同士が張り合うきっかけになっていたので物凄くやりがいを感じていました。

携帯販売はパッと見、手続きするだけの業務に思われがちなのですが、日々店頭で販売される商品知識を学ぶ中で得られる内容は日常生活にとても活かされています。
CMなどで見る数字の中身も知識量の差で見方が変わりますし、普段人と会話する上で携帯の話は良く出るので話題作りになるので、非常に役立っています。

これまでで一番面白かった仕事はショップの立ち上げです。レイアウトや数字設定まで全て任せてもらえたことは、責任も伴いましたがとてもやりがいのある仕事でした。
既存のショップだと店舗の基礎を再設定していくことは難しいことなのですが、1から作るあげる現場に携われたのは貴重な経験となりました。

一人では夢は叶えられない。だからこそ働くって楽しいんだと思います。

一人では夢は叶えられない。だからこそ働くって楽しいんだと思います。

振り返ると、店長になる少し前から仕事への向き合い方が変わりました。それまで他のクルーより突き抜けたい気持ちが強く一匹狼な部分があったのですが、もっと上にいく為にはどうしたら良いかを考えるようになった時、このままではいけないと思い始めました。一人でどれだけ頑張っていても限界があるからです。その為には僕の売上だけを考えるのではなく、ショップ全体をどう盛り上げていくかを考える力が必要だと気付き、協調性を大切にするようになりました。
携帯販売は生活を共にする価値のあるものだからこそ提案することへの責任感も大きいですし、チームワークも必要になってきます。気軽にできる仕事ではありませんが、だからこそ働く楽しさに気付く毎日です。

今後の目標は2つあります。半年以内では今働いてくれている新人を早く一人前のポジションに育てていくことです。
長い目で見た目標としては、僕のいるエリア全体を盛り上げていくことです。自分一人で夢は叶えられないと気付いたからこそ、自分が上に登っていきチームとして働く楽しさをこれから一緒に働く方にも伝えていきたいと思います。

応募者へのメッセージ

働く楽しさは、長く働いていく中で段々と視点が変わっていきます。それは管理面や数字面、接客時のお客様に対するものなのか自分に対するものなのか、また日頃話す上司やメンバーでも楽しいと感じるポイントは違います。その変化を日々感じれるのは、この仕事が飽きない理由の一つです。
携帯販売は大変な仕事ではありますが、その分皆で一緒に夢を叶えることができる場所です。クルーとして一緒に働きたいと思ってくれた方、ご応募是非お待ちしています。

1日の流れ

9:30 出社・談笑
9:45 朝礼
10:00 お客様お出迎え
11:00 メールチェック
11:30 入荷、郵便物チェック
12:00 休憩
13:00 スタッフ休憩の為お客様対応
16:00 スタッフと面談、教育、ミーティング
18:00 翌日作業や引き継ぎ確認
19:00 実績入力、上長と業務連絡
19:30 退社

その他のショップクルー職の社員インタビュー