Interview社員インタビュー

社員インタビュー

管理部門職社員インタビュー

新しいテレニシを創造していく一員として頑張れることが、僕にとってのやりがいです。

S.Jさん

管理部門職 2011年入社

成長していく会社の中で挑戦したかった。

前職では営業職に就いていました。転職を機に営業に関わらず色んな職業を見てみようと、説明会に行った時に出会ったのがテレニシです。そこで見たテレニシの楽しい雰囲気が他の会社よりも色濃く感じて興味が湧き、転職を決意しました。
当時のテレニシは規模がどんどん大きくなっている時だったので興味もあり、第一条件として人と話す仕事がしたかったというのもリンクしていたのだと思います。

クルーになった瞬間から「プロ」として見られる意識を持ち、この仕事に励んできました。

新人の頃から、どうすれば数あるショップの中で自分の店舗が一番良いお店だと言ってもらえるかを考え、目の前のお客様が満足してもらえるよう、より良いサービスを提供する為に動いてきました。対お客様に対するモチベーションは誰にも負けていなかったと思います。
スマートフォンライフをコンサルできる人でいたいという想いと、やるからには新人でもプロでなければいけないという意識です。その後は色んな店舗で店長やマネージャーを経験させてもらい、ショップの立ち上げから採用まで担当することができるようになりました。

スタッフから店長、マネージャー、本社の経験を経て。

スタッフから店長、マネージャー、本社の経験を経て。

現在は営業戦略部に所属し、主にデータ分析をしながら店舗の次の展開や方向性を考えていく業務を行なっています。この業務を通じて思うのは、営業戦略部は会社全体の目線で日々の業務を極めていく為のメッセージを見つけていく部署だということです。
その中で現場を経験してきたからこその数字分析が出来るのは、ショップを経験してきて良かったと思う点の一つです。

業務の見える化ができ道筋を示すことができるのはとてもやりがいを感じていますが、現場の良い面をフォーカスできるのも面白いところだと感じています。出来るだけポジティブなデータをフォーカスしていくことで、これからも現場を盛り上げていきたいと思います。
そして今後は業務の自動化が進んでいくことにより業務工数が半分以下に減っていくと想定しています。それにより業務改善やクリエイティブな仕事がもっとできるようになると思うので、そこに加わり会社にもっと貢献できる人になりたいです。

応募者へのメッセージ

テレニシに入って良かったと思うのは、沢山の経験をさせてもらえたことです。転居を伴う転勤も何度かありましたが、仕事を通じていろんな場所で生活をすることは、僕にとってとても魅力的でした。一生同じ場所に住む人生よりも出会える人数や経験値も変わってきますし、逆に大阪の良さにも気付くことができました。
これからテレニシで働く方々にも、色んな働き方、そして色んな経験を積んでいって欲しいです。是非一緒に、テレニシを創造していきましょう。

その他の管理部門職の社員インタビュー