Interview社員インタビュー

社員インタビュー

法人営業職社員インタビュー

人見知りの私でも、自分なりのやり方で仕事を楽しめる環境です。

薬師神 里帆
Yakushijin Riho

法人営業職 2016年入社

部長との出会いで、新しい世界を見つけることができました。

就活時は人材か教育を希望していました。当時既に何社か内定をいただいていたのですが、新卒の合同説明会に行った時に部長と出会い、後日本社を見学させていただいたり食事会に参加させていただく機会を設けて貰いました。

そこで会社の雰囲気や働く方達を見た時に他の会社とは違うものを感じ、元々希望していた業界とは違いましたが、ここで働きたいと思い入社を希望しました。
入社前の法人営業に対するイメージは、責任感が強く問われ厳しい業界だと思っていました。でも実際には、自分でスケジュールが組めるので営業職でも定時に帰れますし、普段お会いできないような方にも会うことができ話が聞けるのでとても勉強になっています。
ただ、入社当初テレアポをやっていた中で、稀に理由もなく怒られることがあり精神的に辛い時がありました。更には同期が先に契約を取ってくる中で、私の初契約は入社1ヶ月後。一番多くの悔しさやを経験した時期でした。ですが今でもその企業様とはお付き合いがあり、何かあったらご相談させていただく仲になっています。
企業同士の出会いの中でも人と人として付き合いを深められるのは、この仕事の面白いところだと思えるようになりました。それもいつも温かく見守ってくれている先輩や上司のおかげだと感じています。

自分をマネージメントする力を身につけた3年間。

法人営業を経験しもうすぐ3年が経ちますが、私は人見知りなので自分に営業力がある方だとは思っていません。なのでその分、仕事の丁寧さと速さを大切にしています。そこを評価してくださりお付き合いいただいている企業様もいますし、自分の中でブレずにいたいと思っているところです。

振り返ってみると、入社当時より周りが見えるようになり、時間のマネージメントができるようになってきたと感じます。またお客様を巻き込んで一緒に行動していく力を学びました。
法人事業部は個々の営業力が強い部署ですが、チームワークもあり困った時は先輩達が助けてくれて、問題が起きた場合でも一緒に謝ってくれます。自分の数字を追いかけないといけない時でも、大変そうな人がいたら優先して手伝ってくれることも沢山あります。温かさを感じる、とても優しい会社です。

これからも、私だからできることに挑戦していきたいです。

これからも、私だからできることに挑戦していきたいです。

3年目の目標は、自分の数字は常に追いかけながらも、同時に後輩の数字もあげていくことです。そして解約率を下げないことの2点です。後輩が入ってきてからはより数字にこだわるようになりました。自分が結果を出さないと指導にも説得力がなくなってしまうからです。
また今後は数字を上げるだけでなく、法人の立場としてできるショップへのアフターフォローの強化にも取り組んでいきたいです。ショップと連携して問題解決に取り組めるようになれば、皆にとってより良い働き方ができると思うからです。
これからも私なりにできること、私だからできることを全力でやっていき、自信を持ってテレニシの良さを伝えながらこの仕事を続けて行こうと思います。

応募者へのメッセージ

3年前、自分が法人営業として頑張っている未来は想像していませんでした。でもこの3年間は、上司や先輩、メンバーの皆に支えられ、非常に有意義な時間を過ごさせてもらっていると実感しています。テレニシはまさに「一人は皆の為に、皆は一人の為に」を実現させている会社です。
これから一緒に働くメンバーとも、より良い会社、より働きやすい会社を目指して、一緒に頑張っていけたら嬉しいです。

その他の法人営業職の社員インタビュー